Top > メンタル > あがり性

あがり性

私、実を言えば過激のあがり性だったのです・・・。いよいよお会いする方とお話しする時分なんて、もう腕がブルブルするほど。上手に言葉のキャッチボールができなくて、わたわたしてかすかにときが過ぎているということも一度ならずです。そんな私ですが、数年前に勤務場所で賞賛されたのです。なんでも皆勤5年ということで、壇上講演をしなくてはならないという。初め申し立てを聞いたときは「作り話でしょ?」と思いましたが、働き口なので致しかたないかと思い、講演に挑みました。壇上に上った咄嗟、おつむが真っ白になり、事前に準備していた一言一句ひととおりを忘れてしまいました。どうしよう・・・そう思いながらキョロキョロしていたところ、当時の直属のボスからひと言。「エラーしてもいい。かっこつけなくていいから君の言葉で話なさい」この一言で全く伸びやかになりました。しどろもどろで足部がガクガクしてましたが、なんとか私のメッセージで講話できたのです。

ボスからのたった一言、そしてあがり症改善プログラム(児島弘樹)が以降の私を変えてくれました。いまでもあがり性ではありますが、その時の偶発的な一言を思い浮かべるだけで、すっと心が落着くのです。

メンタル

関連エントリー
あがり性
カテゴリー
更新履歴
トキメキかえり咲きカラ(2018年7月21日)
美すっぽんサプリ(2018年7月21日)
あがり性(2018年7月19日)
優秀なリフォーム業者の大きな特徴(2018年7月12日)
腰は重症化したり再発を繰り返す(2018年7月 8日)