Top > ラクトフェリンで健康維持

ラクトフェリンで健康維持

女性や赤ちゃんの健康維持のために、とても必要な成分として知られる「ラクトフェリン」は、感染防御機能をもつ、とても優れたタンパク質と言われています。
この「ラクトフェリン」、人体では「母乳」や「涙」「汗」「唾液」など、いわゆる「外分泌液」中に含まれる糖タンパク質で、鉄結合性が特徴として挙げられます。
「ラクトフェリン」の名前の由来は、「ラクト」がミルク、「フェリン」が鉄、そのふたつを併せて名づけられたそうです。
赤みがかった色をしている為、別名『牛乳の赤いたんぱく質』とも呼ばれています。
「ラクトフェリン」は、出産後5日目ごろまでの母乳、いわゆる「初乳」には、100ml当たり約600mg、出産後3週間以降の母乳、いわゆる「常乳」では約200mgが含まれているという事です。
また、この「ラクトフェリン」は、殺菌される前の牛乳、いわゆる「生乳」の中にも存在しています。
「ラクトフェリン」を摂取することによる、人の身体への効果・効能の代表的な物は「免疫調整作用」です。
これは、人体の免疫力を高め、感染症を未然に防ぐ働きを持つという事です。
近年では、その研究も進み、がん予防にも効果があるとも言われています。
また、「抗菌、抗ウィルス作用」「抗炎症作用」にも深く関わっているという特徴があります。
「ラクトフェリン」を身体に取り入れる事で、様々な生理機能や鉄結合能力を上げ、生体防御に重要な役割を持つビフィズス菌の増殖、鉄吸収調節、脂質代謝改善作用などを高めるのです。
つまり、健康を維持したり、健康増進の為の大切な役割を果たす、優れた成分が「ラクトフェリン」なのです。
この「ラクトフェリン」を摂取する方法としては、出来るだけ新鮮な状態の「生乳」や「ナチュラルチーズ」を、積極的に摂取しなければいけません。
しかしながら、例えば300mgの「ラクトフェリン」を摂取しようとする場合、『絞りたての新鮮な生乳』を1リットル以上飲む必要があるのです。
実際には、これは、実に困難な事と言えるでしょう。
また、更には「ラクトフェリン」を、体内で効果的に働かせるためには、胃で分解されずに、腸まで届くように工夫しなければいけないという事も必要となってくるのです。
その様な理由から、近年では「ラクトフェリン」を手軽に、また、効果的に摂取するために、「健康補助食品」や「サプリメント」が研究開発されていると言う訳です。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
トキメキかえり咲きカラ(2018年7月21日)
美すっぽんサプリ(2018年7月21日)
あがり性(2018年7月19日)
優秀なリフォーム業者の大きな特徴(2018年7月12日)
腰は重症化したり再発を繰り返す(2018年7月 8日)